信州産新米で作る甘酒ヌーボー(砂糖・添加物)不使用(540g×2本)

信州産新米で作る甘酒ヌーボー(砂糖・添加物)不使用(540g×2本)

自社農場で栽培した減農薬の令和2年度の新米のあきたこまちを50%まで磨いて作った大吟醸米糀(こうじ)甘酒です。
原料のお米を50%まで磨くことでとても舌触りなめらかで、お米の旨味と甘さがしっかりあるのに、雑味が非常に少なくすっきりとした後味を実現しました。余韻が長く、思わず何度でも飲みたくなってしまう甘酒です。

【生産地】
長野県上水内郡信濃町

【収穫・発送時期の目安】
通年販売
月曜日締切→金曜日までに発送、木曜日締切→翌週月曜日までに発送の週2回の発送となります。
※育成、在庫状況や天候等により遅れが生じることがありますのでご了承ください。

【保存方法】
開封前は常温保存できます。

【送料について】
送料は販売価格に含まれております。

FARMER'S
VOICE

生産者の声

当農場は長野県最北の地信濃町古海という場所です。黒姫山と新潟妙高山の麓に位置し、冬場は数メートルの積雪となります。積雪の恩恵により雪解け水が田んぼにミネラル豊富な水を運び入れてくれます。そんな地で2018年より長野県信濃町にて米作りを始めました。平均年齢35歳のほぼ未経験者が集まりスタートしました。(創業時)
私たちは米生産者が50年前に比べ1/5にまで激減している現況に危機感をおぼえ、新たな米文化を作ろうと集まった有志たちです。減少した要因には様々な理由があると考えますが、特に食文化の欧米化(パンが手軽に食されること)や糖質をきにする方が敬遠されたものと考えました。そのためお米が重宝される新たな文化を築こうと考えました。その第一弾が収穫したばかりの新米で「甘酒ヌーボー」を企画。小雪(11/22前後)は暦で冬の入り口という意味とのことで、免疫力が高いとされる甘酒を飲んで元気に過ごして欲しいという想いを込め「甘酒ヌーボーの日」として日本記念日協会に登録しました。第二弾としてお米の糖質を砂糖の代替としスイーツ系の商品を進めようと考え、2019年7月より甘酒ミルクアイス(添加物不使用)の販売を開始。女性の方を中心に喜んで頂けるようになり、2020年3月より京都利休園とコラボしたお茶ミルクアイスをラインナップに加えました。今後もお米を使用した商品を作り、皆さまに喜んで頂けるよう頑張って参ります。

DETAILS

詳細

【甘酒の特徴】

自社農場で栽培した減農薬の令和2年度の新米のあきたこまちを50%まで磨いて作った大吟醸米糀(こうじ)甘酒です。
11月22日が新米で作った甘酒の発売開始日です。小雪(11/22)は暦で冬の入り口という意味とのことで、免疫力が高いとされる甘酒を飲んで元気に過ごして欲しいという想いを込め甘酒ヌーボーの販売日としました。
大吟醸甘酒は原料のお米を50%まで磨くことでとても舌触りなめらかで、お米の旨味と甘さがしっかりあるのに、雑味が非常に少なくすっきりとした後味を実現しました。余韻が長く、思わず何度でも飲みたくなってしまう甘酒です。

甘酒はビタミンB群・必須アミノ酸・食物繊維・ぶどう糖・ミネラルが豊富に含まれているため飲む点滴とも言われております。忙しい日の朝ご飯の代わりにお飲み頂けます。またヨーグルトやスムージーなどに混ぜて飲んでも美味しくお召し上がり頂けます。

【お米の特徴】

私たちが生産する農法は農薬不使用と特別栽培の2方式です。一般的な生産より手間が掛かり収量も少なくなります。しかし一般的な方法で生産しても独自の価値を訴求することは難しいと考え、この2方式で進めることにしました。3年間でコシヒカリ・ひとめぼれ・あきたこまちを育てて、2020年度はひとめぼれを農薬不使用で特別栽培のあきたこまちを生産致しました。是非一度ご賞味頂ければ幸いです。

【糀(こうじ)の特徴】

糀(こうじ)には多くの酵素が含まれています。
酵素には食物の栄養を分解して消化・吸収を助ける役割があります。
糀に含まれる酵素には、アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、ペクチナーゼなどその数は30種類以上とも言われており、
まさに糀は酵素の宝庫です。
糀の酵素によって生み出されるオリゴ糖は腸内細菌“善玉菌”の大好物で、これをエサにして善玉菌が繁殖するので腸内環境を整える効果があるとも言われています。
菌は自身の代謝の過程でビタミンB1、B2、B6、ナイアシン、ビオチン、パントテン酸、イノシトールなど、肌の代謝にかかわるビタミン類を生成します。
女性にとって嬉しい成分であるビタミン類を生成する働きがあることや、 消化のサポートをする働きがあることから、美容健康面でも注目されています。